忍者ブログ

ECWのお~まい、があ~!!

エレ工房さくらい店主のお馬鹿な日々をつづったエッセイ?です。 「エレ工房さくらい」へは→http://ecwkit.nomaki.jp/ までお越しくださいね!
MENU

ENTRY NAVI

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手続き多すぎ

人一人亡くなると、まあしなければならない手続きの多い事。
行政上の手続きなんか、「返却・変更パック」でも作って一つの窓口で一括してくれればよいのですが、いくつもの窓口を回らなければなりません。
加えて各種料金・サービスの名義やら口座の変更やらで、やらなければならない手続きがお~まいがあ~に多すぎです。
マイナンバーとやらを導入するんだったら、こういった事も一括管理→一括変更できるまで活用してほしいと思ったりする今日この頃です。
PR

普通叩き出されるよね

年明け早々お葬式の話で恐縮です。
年末のブログでもちょこっと触れましたが、お~まいがあ~におせっかいな従兄のために、「初めての喪主」のお葬式で必要以上に疲れることと相成りました。
この人は、たとえば土地に関しても、ほとんど他人のような親戚にまで、「今売れ!」と言い出すようなお~まいがあ~に困ったおせっかい性癖の持ち主なんですが、叔父の葬式と言う事で変なスイッチが入っちゃったか、それとも何かにとりつかれたか、暴走してくれました。
父が逝ったのは25日の零時を過ぎたちょうどそのころで、私は寝入りばなを病院からの電話で起こされ、それから母と二人で医師の確認に立ち会い葬儀屋さんを決め病室からの撤収作業をし、父の体を夜中故葬儀屋さんと二人だけで運び、家に帰って一先ずの事が終わったのが2時半ごろ。それから寝るには寝たのですが、まあ当然ながら寝付けるわけはなく、睡眠時間は30分そこそこで26日を迎え、朝早くも悪かろうと7時半頃親戚には連絡を入れ、それで件の従兄が来たのが8時20分。
まあ、駆け付けてくれるのはありがたいのですが、お~まいがあ~に失礼なのは「自分は詳しいから」とお葬式の資料一式を携えて来やがったこと。普通、身なりを整えていくのさえ非礼とされているんですけれどねぇ。
私が心優しい非暴力主義者なので(あ、ここではメアド他につけているECWって、凶器何でもありのハードコアで暴力的なプロレス団体だよね、の突込みは無しでお願いします)、そのままスルーしましたが、ガンコオヤジでもあれば、「人が死ぬのを準備して待っていたのか!」と一発ぶん殴って叩き出すところでしょう。
んで、そこから我が家に居座ること5時間強。も一人の従兄(こちらは4時間近く居座り)と、長々と雑談などしてようやく帰りました。
その間葬儀屋さんと費用の話など出ても、普通なら席を外すのが常識でしょうに、自ら身を乗り出して口を出して決めようとしたり、供物なども他の人の分までなんだかんだと口をだし、遺影に関しても、必要以上に口を突っ込み、挙句仏様の傍で小さくですが口笛など吹きやがります。昼頃にはこやつら相手していることも無いと、私たち家族は別室(仏様の傍の部屋はこの二人の困った従兄が居座っていますから)で他の親戚への対応などしていたのですが、「帰ったらお昼にどうぞ」の意味で差し出した弁当も、そこで食べている始末。
何事にも自称「詳しい人」というのはありますが、こう言う「詳しい人」は嫌だな。って言うか、叔父が死んだ翌日に叔父の家に何時間も居座り葬儀の費用の点にまで口出ししたりする時点で、冠婚葬祭の礼について世の中で一番「疎い人」決定だと思うのですが。頭の中のネジが何本か別の所に入ってしまっているような親戚がいると、お~まいがあ~に疲れる事を思い知った一日でした。

(ちなみにこの後のお通夜の日なんかでも、失礼なことを度々してくれたのですが、それはまた後日書くかもしれません)
(蛇足ですが、なんでこんな書かなくて良いことを書くかと言えば、この人に直接言えば良いかもですが、どうせ直接言っても通じやしないし、ならばこんな形で書いて間接的にでも目に入らないか?少しだけ期待と言う事もあったりします)
(何故さっさと多少無理にでもお帰り願わなかったかといえば、葬式前に事を荒立てるのも何ですし、それにその人の事が良く分かりますので、今後の付き合い方がこれで決められるからです)

突然お休みをいただいたのは・・・

12月25日から29日まで、突然のお休みをいただくこととなってしまい、申し訳ございませんでした。
お休みしなければならなかったのは、父親がこの世からあの世に旅立ってしまったから。
クリスマスイブが終わり日付が変わったちょうどその時の出来事だったようです。
で、長男と言う事もあり、初めての喪主などというものも努めなければならず、お休みをいただいた次第です。
まったく、日本中が年末進行の絶賛デスマ(=デスマーチ→死の行軍→死ぬほど忙しいと言う事らしいですね)中に、なにも文字通りのデスマに出かけなくても良いのにと思うのですが、さっさと出かけてしまいました。
と言っても、夏から体はかなり悪くなっていましたので、私自身覚悟はしていたこともあり、悲しみとかはそれほど沸いていなかったりもします。むしろ長い事苦しむこともなかったので、ほっとしているのが正直なところです。
困ったのはお葬式までの日で、要らぬおせっかいを親切と勘違いして押し付けるお~まいがあ~な従兄のため、引っ掻き回されてしまいました。この辺りの他人から見たら面白いであろう出来事は、のちのち少しだけ書きたいと思います。

そんな訳で、突然のお休みをいただきましたこと、また今年最後のブログがこんな話になってしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。

皆さま、良いお年をお迎えください!!

小鳥との戦い

我が家にはキンカンの木がありまして、去年豊作だったので今年はダメだろうなあと思っていたら、去年よりもさらに良い出来となりました。しかし困るのが、熟れてくると小鳥たちに突っつかれて傷がつき、食べられなくなってしまう事。小鳥さんたちも行儀よく1個ずつ完食してくれれば目くじらは立てないのですが、ちょっとついばんでは次のを突っつき次々と穴を開けやがるので、かなりの数がダメになってしまいます。
そこで木の上からすっぽりと鳥よけの網をかぶせ、安心していたのですが昨日の朝2羽ほど中に入り込んでいたのを発見。で、写真のようにニセモノカラスさんと古CDを追加してみました。

ついでに網をもっとダルダルに張って、出入りにくくして、今は様子見です。
これでもダメなら、木の内側から透明なテグスを張り巡らせてみる予定。完熟するまであと一月ほど小鳥との戦いは続きそうです。



こんなものも置いてみようかな?







早い話イジメ、リンチでしょ?

横綱が他部屋の後輩力士に酒の席で乱暴→引退の騒ぎですが、言い分は「日ごろから態度が悪かったから改めさせようとした」なんて事らしいですね。この元横綱を擁護する向きも多いようですが、私の眼にはイジメ、リンチとしか映りません。
もし改めさせなければならないほど「悪い」のでしたら、酒の席なんかではなく、堂々とその力士の部屋に出向いて話をつけるのがスジでしょうし、本人に言って分からなければ、自らの所属部屋から相手の部屋に話を通し、さらには協会の審議に諮らせればよいだけの事。
お小言まではよくても、手を出せば立場を利用したイジメやリンチとしかならないと思うのですが、私の感覚がずれでいるんでしょうか??
「相撲の世界ではよくあること」という話もあるらしいですが、それは「学校の中では先輩が後輩を態度が悪いからと殴ってけがをさせるのはよくあること」と言っているようなもので、幼稚極まりないよう感じます。


相撲界が激怒した!?名(迷?)曲「悲惨な戦い」収録!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

葛飾にバッタを見た [ なぎらけんいち ]
価格:2436円(税込、送料無料) (2017/11/30時点)


× CLOSE

プロフィール

HN:
さくらい
性別:
非公開

P R

× CLOSE

Copyright © ECWのお~まい、があ~!! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]