忍者ブログ

ECWのお~まい、があ~!!

エレ工房さくらい店主のお馬鹿な日々をつづったエッセイ?です。 「エレ工房さくらい」へは→http://ecwkit.nomaki.jp/ までお越しくださいね!
MENU

ENTRY NAVI

  • Home

昨晩は関東地方の平地としてはお~まいがあ~な降雪で、この辺り(群馬県館林市)でも20cmほど積もりました。今現在の私は、まあ敢えて外出を強行しなくても良い状況なので、今日は一日家の中に引きこもりモードなのですが、世の中の大抵の方はそんな悠長なことしていられないでしょうから、大変だったろうなぁとニュースを見ながら思ったりしています。
関東地方での大雪といえば、まださいたま市に住んでいた時に、成人式の日に大雪となってしまい、その日は私もどうしても出かけなければならない事情があって、帰りのバス停で雪の中1時間以上も立って待つ羽目となって、両足にひどい霜焼けを負ってしまったことがありました。親指の爪がダメになってしまって、3年くらいおかしな形が治りませんでした。こんな混乱も、雪国の人から見れば不思議に思えるんでしょうね・・・


雪の歌といえば、やはりアダモ(島崎俊郎じゃないよ、念のため)の「雪が降る」!と思う私。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COLEZO!::アダモ [ サルヴァトーレ・アダモ ]
価格:1802円(税込、送料無料) (2018/1/23時点)





PR

ろうそくも奥が深い

今までろうそくとかキャンドルとかには縁がない生活だったのですが、年末からろうそくを使う必要がある生活となりまして、我が家では↓のような蓮の形をしたろうそくを使っています。

見た目も良くて倒れる心配がなく、結構長持ちするので良いのですが、どうしても外側が燃え残ってしまうのがもったいないです。


そこで燃え残った外側のろうで、新たにろうそくを作って燃やし尽くそう計画です。まずはケースとして100均で「カクテル用ダブルジガー」を購入。


芯はタコ糸にしようかとも思ったのですが、↓のようなものを購入。


で、溶け残ったろうを割って湯煎で溶かして、上の芯を立てたジガーの小さいほう(30ml)に8分目位まで注ぎ、冷え固まるのを待って完成。


火を点けてみると、良い感じに灯りました。


これで、無駄なく使える、良かった良かったと喜んでいたら、お~まいがあ~な問題が発生。
何回か数分点けてすぐ消してを繰り返したら、芯に火が点かなくなってしまいました。よく見てみると、ライターで火を点けても、芯の下のろうが溶けなくて、芯にろうが上がっていないようです。蓮型ろうそくではそんな事はありませんでしたので、もしかすると外側部分のろうには、火が燃え進んでも溶けたり柔らかくなって崩れたりしにくいよう、少し融点が高いものを使っているのかもしれません。一度熱電対使って測ってみると面白いかもしれませんね。点けたり消したりを繰り返さず、点けっぱなしならば4時間くらいの間、安定して燃えています。
それと、ろうは水とは逆に、溶けた状態から固まると、かなり体積が減ります。形によっては固まる家庭で「ス」が空くかもしれません。簡単なものに見えても、結構興味深く、きっと製品とするには数々のノウハウがあるんだろうなと思った次第です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロウソクの科学改版 (角川文庫) [ マイケル・ファラデー ]
価格:561円(税込、送料無料) (2018/1/18時点)


やっちまった!

先日法事の案内を差し出したのですが、夕方送った先の一軒から電話が・・・
「場所と月日は書いてあるけど時間が書いてないよぉ~」
お~まいがあ~なミスをやっちまいました。
↓のような用紙を入手して、葉書で送るのが多いこのご時世にもかかわらず、封書で出したのですが、すべてが台無しです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大礼紙 白 B5 50枚入 インクジェット用和紙【大直】
価格:432円(税込、送料別) (2018/1/13時点)



明日改めて修正版を葉書で出します・・・



CR

電子工作サイト(なのかな?)のサイトのブログでCRといえばコンデンサと抵抗をまず思い浮かべますね。次に思い浮かぶのはCR2032などコイン型リチウム電池でしょう。が、その話ではなく、ならば理系でCRと聞けばクロムですけれどそうでもなく、パチンコ台のCR機でもなく、子供はいじっちゃダメよ!のChaild Resistanceな話です。

タバコ吸わない奴なので今までライターには無縁な生活だったのですが、年末から線香やらろうそくやら(決して「プレイ」ではありません。念のため)に火をつける機会が多くなり、マッチも何だからと使い捨てのライターとろうそく点火用の首の長いライターを買いました。
これが、まあ、私だけが使うのならば問題ないのですが母が使うには、点火ボタンが固すぎで、両手でようやく点火できるレベル。当然ながら線香に火をつけるにはNGです。
昔はそんなに固くなかったなぁと思いつつ調べると、Chaild Resistanceと言う事でイタズラ防止に子供が押せないくらいに固くしてあるんですね。でも老人まで使えなくしてしまうのも如何なものか・・・も少し調べると、2年保証がついてガス補充ができるものは固くしなくても良いんだそうで、なんじゃそりゃ?
んでちょっと立ち寄ったコンビニで見かけた2年保証付きガス補充可能なライターを早速購入。母もこれなら使えるようなので一安心。ちなみに↓のものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高齢者向け ガス着火ライター 優火スリム 1P
価格:170円(税込、送料別) (2018/1/10時点)



ただ・・・これでも少し硬いので、先に買ったCR機(ってパチンコ台かいな)を分解し、点火ボタンを重くしているバネを取り除いてみました。これは良い感じで軽く点火できて大成功です。ただし、いろいろと問題になりかねないので、どんなライターをどんなふうに改造したのかは書けません。悪しからず。

赤土の下で

加川良の「赤土の下で」が頭の中で繰り返し繰り返しかかっている今日この頃・・・



どんな歌かはググるか、↓を視聴してみてくださいね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

教訓 [ 加川良 ]
価格:2880円(税込、送料無料) (2018/1/6時点)


× CLOSE

プロフィール

HN:
さくらい
性別:
非公開

最新記事

P R

× CLOSE

Copyright © ECWのお~まい、があ~!! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]