忍者ブログ

ECWのお~まい、があ~!!

エレ工房さくらい店主のお馬鹿な日々をつづったエッセイ?です。 「エレ工房さくらい」へは→http://ecwkit.nomaki.jp/ までお越しくださいね!
MENU

ENTRY NAVI

  • Home

不満なところ

今度の車(ワゴンR)には、もちろん不満な点もいくつかあります。
まず第一は、低速時のハンドルの戻りが悪い事で、今までのような感覚で交差点などを曲がるとハンドルが戻らなくてちょっと焦ります。もちろん手で戻せばよいのですが。少しスピードが乗れば問題なく直進に戻ろうとしてくれますので、慣れもあるのでしょう。
次はハンドルの位置で、私には低すぎ&奥すぎ。チルトも無い最廉価グレードを買うからだとバカにされそうですが。基本小柄な女性向きの車なのかな?
で、一番気になるのが収納スペースが多いのに、そのスペースが意外と使いにくい事。ま、私がメタボなのが悪くて、ドアポケット周りが全く使い物にならないのはともかく、花粉症のこの季節、鼻をかんだティッシュの捨て場が無いのは困ります。タバコを吸わない人にとって、車の灰皿はちょっとした汚れ物を入れるために必要なので、禁煙運動とともに灰皿がなくなるのはとても困ります。グローブボックスの他に、蓋つきの小さなスペースを2つ3つ設えてもらえると、すごくありがたいんですけれどねぇ。




PR

実燃費

先週もとに来たワゴンR。(一番安いFA)
およそ100kmほど走った実燃費は、燃費計の上で21.7kmと出ました。せいぜい片道20kmのチョイノリばかりでしたので、エアコンほぼ切っていて一人乗車ばかりでも、案外良い値が出たというのが感想です。まだ満タン法では確認していませんが、燃費計が1割位狂っていたとしても、ガソリン1リッター当たり20km位走れそうなので、いままでの12~14km/lよりずっと気軽に外出できそうです。(^◇^)
いろいろと不満はあるのではありますが、道具と割り切ってしまえば結構良い車かもしれないと思う、今日この頃です。

蛇足ですが、ネット等で酷評されているセンターメーターは全く気になりません。むしろハンドル越しに見るよりも見やすいくらいに感じます。視線の移動が大きくなるという意見が多いようなのですが、街乗りのスピードの限りでは私の視野には普通にメーターも入っているので、何の違和感もないです。高速でカッ飛べば視野が狭まって見難くなると思うのですが、いつもそんな走り方をする車じゃありませんしね。



微熱はまだ続く

2月はじめにインフルエンザにかかってから、一向に引かない微熱なのですが、今日になってもまだ37°2’ほどあります。平熱より0.5°位なのですが、期間が長いので地味に体力奪われている感じ。午前中は36.6位なのでまだ良いのですが、午後になって37を超えるとごく軽くですが、頭も重く痛くなります。
通販の仕事にはほぼ支障はなく、医者も「まれにインフルエンザ治っても症状だけ長く後を引くことがあるよ。肺や気管に炎症はないから症状が消えるのを気長に待つしかなさそうだよ」と心配する事はないようなことを言っているのですが、本人的には気分は落ち込みまくり。「新車ハイ」を打ち消して余りあるものがあります。
やはり気分に対しての一番の良薬は、お客様の声とご注文ですので、「体調悪いようなこと書いているから注文はやめておこう」とはお考えなさらず、どんどんご注文くださいませ <m(__)m>


この季節花粉症も出るので、気分の落ち込みmaxです。ホント。
いつも鼻うがいは水道水でやってしまうのですが、生理食塩水の方が良いんだろうな。



3/5

軽の安いグレードとはいえ新車を買っちゃって嬉しいので、今日も愛車関連。
免許取ってからの愛車はシャレード(初代)→パルサー→シャレード(三代目)→パジェロミニ→ワゴンR(小さい車ばかりですね)なのですが、排気量は都度前後していますが、エンジンのバルブ数はパジェロミニまでは6→8→12→20と順調に増えてきました。パジェロミニで20は間違いじゃないか?と思われる若い人もおられるかもですが、私の乗っていたヤツは660ccで4気筒、ついでに気筒当たり5バルブの何考えているんだか良く分からないエンジンだったから。で、次は24バルブの直6・・・は今や希少だからV6を積んだエンジンにしようゼィ!と思っていたのですが、経済状況が許してはくれず、結局は3/5の12となってしまいました(^◇^)


その昔(?)エスビーから「5/8チップ」なるポテチが発売されたとき、商品企画担当の方はアマチュア無線やっているんじゃなかろうか?と言われたり言われなかったり。当時はアマチュア無線も電子工作も、割とメジャーな趣味だったなぁ。



何とかたどり着けた

午前中、新しい車(軽ですけれど)の受け取りに、1気筒働かなくなったパジェロミニを何とか動かして、ディーラーまで出かけました。
車壊れるんじゃね?(って壊れてはいるんですけれども)と思う振動に耐えつつ、何とかたどり着き、無事に納車を終えたのでした。
今まで大きな故障もなく19万キロも働いてくれた、初代パジェロミニに感謝です。(一度だけ路上で止まってしまったことがありましたが、これは整備と私の不注意が原因)これで私からの酷使(?)からも解放されたわけです。
解放と言えば左足もクラッチから解放されて、今度の車では手持(足踏)無沙汰です。特にこの数年は、買い替えまでにクラッチ交換という大きな出費は避けたかったので、左足の踏み加減に神経使っていましたので猶更。蛇足ですが、パジェロミニは19万キロクラッチ無交換で走り切りました。流石バブル時代の過剰品質です。今度の車はCVTなのですが、CVTノートラブルで20万キロ位走れるのかな・・・


誰か乗せる必要が無ければ、↓のアルト(乗用)の一番安いグレードが良かったんだよなぁ。ダイハツはミライースの後席にヘッドレストつけられる様にしたのに、なんでスズキはそうしないンだろう?




× CLOSE

プロフィール

HN:
さくらい
性別:
非公開

最新記事

P R

× CLOSE

Copyright © ECWのお~まい、があ~!! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]