忍者ブログ

ECWのお~まい、があ~!!

エレ工房さくらい店主のお馬鹿な日々をつづったエッセイ?です。 「エレ工房さくらい」へは→http://ecwkit.nomaki.jp/ までお越しくださいね!
MENU

まだ本調子じゃない・・・

2月はじめにインフルエンザにかかり、それは1週間くらいでよくなったのですが、その後も微熱(それも平熱+0.3~0.5℃とごくわずかの)と咳・喉のイガイガ感が、まだ続いています。医者から抗生剤と消炎剤を処方されて飲んでいるのですが、効いているときには良いのですが、切れると軽い風邪のような感じで、少し負荷をかけて動くと怠く、また咳きこむことが多々。
今朝で薬も終わり、今のところ微熱や咳も収まっている感じなのですが、昼過ぎからまた症状が出るようだったら、かかり付けのお医者さんと相談して血液検査をお願いするか、呼吸器内科を紹介してもらって行ってみようかな?
症状が「元気良くはないけれど寝ているほどでもない」状態なので、周囲からはサボりたいだけに見えるんじゃないかな~?



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家庭の医学第3版 [ 川名正敏 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2017/2/27時点)






PR

メロディ付信号機回路

今日はちょっと時間があったので、ブレッドボード上に信号機の回路を組んで遊んでみました。
単に3色のLEDが順に切換わるだけでなく、2種類のメロディも切換わるものです。

動作の様子はこんな感じ。


LEDを2個ずつ並列にして、各色4個使えば、交差点の模型になります。
ただ・・・相変わらずマイコンは使わずに、汎用IC(555と4017)で組みましたので、配線がたいへんです。ヒマをみて、別館の資料室に回路図など掲載したいと思っています。






圧電サウンダ

一昨日の「タップでDingDong♪」の続きです。
圧電サウンダを指ではじくと、どの位の電圧が出てくるのかな~?と思い、オシロで見てみました。そしたら、なんと!ピークtoピークで軽く100Vを超える電圧が発生!これでは2N7000のゲート壊しちゃう可能性もありますので、念のため保護用のツェナーも入れたほうが良さそうです。
20V位は出てくるのかな?とは思っていたのですが、予想を超える電圧が出てきて、ちょっとびっくりでした。ちなみに100Vと言っても、電流はうんと少ないので感電はしませんし、蛍光灯を点灯するとか、コイルガンの電源に使えるとか、そう言う事もありません。念のため・・・




2回点滅して1回休み

とあるお客様から「LEDが2回点滅して1回少し休む、そんな回路のキットが欲しい」とのお問い合わせがありました。当店では今のところそのようなキットは無いのですが、ちょっと面白そうなので、ブレッドボード上にザッと組んで動作させてみました。
↓のファイルをダウンロードして、再生してみてね♪動画では「休止」時間を短くしていますが、回路の定数を変更すれば、パッパッと2回点滅して10秒くらい停止するような動作も簡単にできます。

ダウンロード

回路構成は、まぁいろいろと考えられるのですが、手元に転がっている部品で、解りやすく、と考えて、C-MOS版の”555”と74HC221各々1個で作ってみました。
昨日のチャイム回路がまだ何も進んでいない状況ではありますが、こちらも回路図など書いて、「別館」ネタとしたいと思います。




タップでDingDong♪

ふと思いついて、圧電サウンダを「タップセンサー」として、軽く叩くとチャイムが鳴る回路を作って遊んでみました。小型のパワーMOS-FET(2N7000)のゲートにサウンダを接続して、サウンダをタップしたときに発生する電圧でFETを一瞬だけONに。するとチャイムICの電源が一瞬だけ切れて、チャイムが鳴る・・・と言う寸法です。僅か10個ばかりの部品で、コツン!と叩くとチャイムが鳴る回路が無事に完成。ヒマをみて回路図を描き、動作の様子を撮影して、「別館」の資料室に掲載しますね。



× CLOSE

プロフィール

HN:
さくらい
性別:
非公開

最新記事

P R

× CLOSE

Copyright © ECWのお~まい、があ~!! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]